スポンサーサイト

  • 2013.03.27 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    メイドインジャパン

    • 2013.02.02 Saturday
    • 11:02

    メイドインジャパン

    「倒産の回避に立ち上がれ!七人の侍と家族がものづくり日本の誇りをかけて闘う!日本の危機に迫る第2夜」





    (あらすじ)

    かつての盟友の迫田(高橋克実)の登場で、中国企業ライシェとの交渉が決裂した矢作(唐沢寿明)たち。

    再建チームは次の提携先として ドイツ企業マンハイムと交渉に入るが、先方の要求は会長の譲原(岸部一徳)と社長の桂一郎(及川光博)の退任だった。

    折しも新聞記者の根来(金井勇太)が タクミ倒産の危機をすっぱ抜く。

    矢作は譲原に辞任を迫り、譲原はあっさり受け入れて臨時取締役会を開く。

    だが、それは矢作をはめるためのわなだった。



    永遠(とわ)の泉

    • 2012.06.16 Saturday
    • 07:38
     

    永遠(とわ)の泉

    「妻殺しの自白は真実か?〜死の別離を越えてなお生き続ける夫婦の絆を描くサスペンスドラマ」

    病気の妻を殺害したと自供した容疑者の国選弁護人になった弁護士が、事件を追いながら自身の過去や家族との関係とも向き合うことになる。

    藤原新也原作、金子成人脚本、西谷真一演出。

    (あらすじ)

    熊本の弁護士、山内(寺尾聰)は、妻を殺害した容疑で逮捕された倉本(小日向文世)の国選弁護人を引き受けた。



    山内(寺尾聰

    倉本はがんで余命4カ月の妻、芳子(奥貫薫)から動けるうちに思い出の地を歩きたいと懇願されて一緒に阿蘇山に出掛け、その山中で妻を殺したと自供していた。

    自供

    しかし山内は、その自供に不審を抱く。

    山内は倉本夫婦の事件当日の足取りを調べるため阿蘇に出掛けるが、図らずも自分の娘の百合(鈴木杏)、恋人の寺部 (山本耕史)と一緒に山歩きをする羽目になる。

    12年前に妻の雅江(田中美佐子)を亡くして以来、関係がしっくりしない山内と百合を気遣った寺部の計らい だったが、親子の溝は埋まるどころか、さらに深くなってしまう。





    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    フリースペース



    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM