スポンサーサイト

  • 2013.03.27 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ヴォイス〜命なき者の声〜(6)

    • 2009.02.15 Sunday
    • 11:47
    第6回「予期された入院患者」

    (あらすじ)

    大己(瑛太)や佳奈子(石原さとみ)らは、佐川(時任三郎)から生きている患者を診ると聞き驚く。

    亮介(生田斗真)の父親、貴之(名高達男)が経営する病院の入院患者に、ミュンヒハウゼン症候群と疑われる患者がいて、意見書の作成を依頼されたという。

    ミュンヒハウゼン症候群は、他人の関心を得ようとするあまり、偽の症状をつくり出し、通院や入院を繰り返す症状のこと。

    佐川は亮介と玲子(矢田亜希子)を病院に向かわせる。

    患者の朋子(志田未来)は中学生で、兄の泰人(石田卓也)に付き添われ救急車で数日前に搬送されていた。

    主治医は偽膜性大腸炎と診断したが、血液検査では特に異常は見られなかったという。
    • 0
      • -
      • -
      • -

      スポンサーサイト

      • 2013.03.27 Wednesday
      • 11:47
      • 0
        • -
        • -
        • -

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        フリースペース



        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM