スポンサーサイト

  • 2013.03.27 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    夜行観覧車

    • 2013.03.01 Friday
    • 10:45

    夜行観覧車

    第7話 「事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人」



    (あらすじ)

    2013年、事件四日後。

    張り詰めた顔で車を運転する啓介(宮迫博之)。カーラジオからは、淳子(石田ゆり子)が、夫・弘幸(田中哲司)を殺害したことを認めたというニュースが聞こえる。


    啓介は何度もバックミラーを確認し、1台の車がついてきていることに気がつく。路肩に駐車した啓介の車を追い越した車には刑事・結城(高橋克典)らが乗っていた。啓介は、バック中の鮮血が滲み出ている何かを包んだタオルの入ったビニール袋を出し、シートの下に押し込む。

    犯人として淳子が逮捕されたものの、動機も不明、凶器も見つからない、次男の慎司(中川大志)も行方不明のまま。結城は啓介への捜査の手を緩めなかった。


    事件五日後。


    車で帰宅した啓介。そっと家に入ると、真弓(鈴木京香)が 出迎える。

    その場を誤魔化してやり過ごそうとしたとき、ソファに刑事の結城らがいることに気がつく。

    蒼白になった啓介を見て、真弓は戸惑うのだった。

    事件 当日の事を啓介に聞き始める結城。

    啓介は必死に動揺を隠す。

    そして、結城が弘幸から借りた1000万円から300万円が引き出されていることを啓介に確認 すると、緊張に絶えられなくなった啓介は怒鳴ってしまうのだった。


    結城たちが帰ったあと、極度の緊張が解け放心状態になった啓介は、真弓と言い合いになり、「ひばりヶ丘」に家を建てるんじゃなかったと真弓に言って出て行ってしまう。



     

    スポンサーサイト

    • 2013.03.27 Wednesday
    • 10:45
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      フリースペース



      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM