スポンサーサイト

  • 2013.03.27 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ラストホープ

    • 2013.03.19 Tuesday
    • 09:14
     
    ラストホープ


    「息子の決断…医者には決められない最先端肺移植…父を救うのか、見捨てるのか?」



    (あらすじ)

    高度先端医療センターの波多野卓巳(相葉雅紀)たちの手から離されて、手術を受けた町田恭一郎(中原丈雄)。

    だが、術後の感染症で間質性肺炎とARDS(急性呼吸急迫症候群)という重篤な肺疾患を患ってしまい、再び卓巳たちのもとへと戻された。

    卓巳たちは、恭一郎の治療法をカンファレンスする。

    そして、生体肺移植だけしか治療の手段がないという結論に至った。

    生体肺移植は患者の近親者からの臓器 提供が望ましい。


    卓巳は恭一郎の2人の息子、真一(要潤)と恵介(石田卓也)に状況を説明して臓器提供の意志を確認。

    すると、恵介は二つ返事で同意する が、真一には拒否されてしまった。恭一郎には両肺を移植しなくてはならない。

    一人の提供者から両肺を移植するわけにはいかないので、真一の同意がなければ手術は行えない。だが、医師が移植を勧める事は出来ないため、卓巳は再び真一のもとへ向かう。




    その卓巳は、自らの出生の秘密を探るうちに行き当たった斉藤健(高橋一生)の主治医となった。

    橘歩美(多部未華子)は行方不明となっている父親の居場所に近づこうとしている。


    高木淳二(田辺誠一)荻原雪代(小池栄子)たちも、それぞれの過去や直面する医療問題の答えを得ようとしていた。



    スポンサーサイト

    • 2013.03.27 Wednesday
    • 09:14
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      フリースペース



      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM