スポンサーサイト

  • 2013.03.27 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    冬のサクラ

    • 2011.01.30 Sunday
    • 17:39

    冬のサクラ
    「夫の復讐…暴かれた嘘」


    (あらすじ)

    萌奈美(今井美樹)は病気のことを夫の航一(高嶋政伸)に話そうとするが、忙しさを理由に取り合ってもらえず、孤独感にさいなまれる。

    さらに検査を受けた病院の医師から脳腫瘍で悪性の可能性があることを告知され、やりきれない気持ちでいっぱいになる。

    一方、山形での萌奈美の行動を調べ始めた航一は、萌奈美 が山形で入院したというのがうそだったことを知る。

    さらに祐(草なぎ剛)の存在を知り、抑えきれない怒りが込み上げる。



    ↑ 加藤ローサ

    そんな中、祐は安奈(加藤ローサ) から、山形に戻る祐に会うため萌奈美がバスターミナルまで来ていたことを聞く。


    [新]冬のサクラ

    • 2011.01.16 Sunday
    • 11:22

    [新]冬のサクラ
    「命をかけた最後の愛運命の出会いは残酷な死へと…」


    "冬に咲くサクラ"がつないだ男女の愛の物語を描く。
    高橋麻紀脚本、山室大輔演出。

    (あらすじ)

    山形で母親の介護をしながらガラス職人をしている祐(草なぎ剛)は、今まで一度も恋をしたことがなかった。

    一方、萌奈美(今井美樹)は"冬に咲くサクラ"を見るため一人旅をしていた。



    ↑ 今井美樹

    通りを歩く萌奈美と擦れ違った祐は、彼女の美しさに目を奪われる。

    その直後、不慮の事故に遭い、けがをした萌奈美はその後遺症なのか突然記憶をなくす。

    助けてもらった祐の家で暮らすことになるが、身元を確認できるものもなく、自分が誰なのか分からない萌奈美は不安や恐怖でぼうぜんとしている。

    不安なままの萌奈美に祐は、そのうちに思い出せる時が来るからと優しくほほ笑む。

    そんな中、祐の母親が他界し、葬儀のために東京の病院で研修医をしている弟の肇(佐藤健)が帰ってくる。



     

    獣医ドリトル[最終回]

    • 2010.12.19 Sunday
    • 10:29
    JUGEMテーマ:エンターテイメント

    獣医ドリトル[最終回]

    「さらばドリトル!!衝撃のラストと涙の決断!!」


    (あらすじ)

    土門(國村隼)一家の愛犬バルザックを抱えた順平(菅田将暉)が、鳥取(小栗旬)の動物病院に駆け込んでくる。



    ↑ 小栗旬 

    土門親子のもめ事に巻き込まれ、大けがを 負ったバルザックのオペは難易度の高いものだった。

    鳥取は順平に手術費を払うよう父親の土門に確認させるが、土門はバルザックの安楽死を順平に勧める。そ こへ順平の兄、勇蔵(笠原秀幸)が現れる。

    そのころ花菱(成宮寛貴)は、感染症にかかった犬20匹を安楽死処分にするという全日本獣医師会の決定から犬た ちを救おうと奔走していた。



     

    獣医ドリトル

    • 2010.12.12 Sunday
    • 10:06

    獣医ドリトル
    「最終章〜安楽死」


    (あらすじ)

    人気女優のユイ(夏帆)が鳥取(小栗旬)のもとにやって来る。



    小栗旬 

    愛猫が上手に排せつできないと話すユイは、フランスで1年間仕事をすることになったため、愛 猫を安楽死させてほしいと申し出る。

    あすか(井上真央)は自分の都合で安楽死させることに反発する。

    一方、オペができないことをテレビで告白した花菱(成宮寛貴)には世間の非難の声が高まり、講演会のキャンセルが相次いでいた。

    ルミ(藤澤恵麻)は、病院の客足もすっかり途絶えて落ち込む花菱を励ます。

    そん な中、意外な人物を連れた土門(國村隼)が鳥取動物病院を訪ねてくる。



    獣医ドリトル

    • 2010.10.31 Sunday
    • 18:52

    獣医ドリトル
    「モンスター飼い主」


    (あらすじ)

    けがをした捨て犬の治療のため、マユ(大橋のぞみ)は鳥取動物病院を訪れる。

    しかし鳥取(小栗旬)は犬を家で飼えるよう親を説得し、30万円を用意しろと 突き放す。



    ↑ 小栗旬

    あすか(井上真央)は鳥取を説得するが、鳥取は聞く耳を持たない。

    そのころ、国内最大チェーンであるエンペラー動物病院の総院長の土門(國村 隼)は農水大臣から、外遊から帰ってくる10日後までに、具合の悪い大臣の孫のハムスターを元気な姿にしてほしいと頼まれる。

    一方、花菱(成宮寛貴)のも とにはゴムを誤飲したフェレットが運ばれてくる。

    手術ができない花菱は、飼い主の星奈(平愛梨)とフェレットを鳥取動物病院に連れて行き、手術を依頼す る。

    そこへ星奈の父、門田(段田安則)が現れ、さらなる事態を巻き起こす。


    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    フリースペース



    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM